リンパマッサージを行う時に注意すべきこととは

 

リンパマッサージは、あまり知らない人がやると危険な場合もあります。ですから、注意するべき点は守って、きちんとした正しい形式でのリンパマッサージを行うことが肝要となります。では、リンパマッサージを行う時は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

やりすぎず、力を込めすぎない

 

リンパマッサージをする時に注意することは、なんといってもやりすぎないことです。リンパマッサージに力を込めすぎると、何故ダメなのかというと、リンパは非常に細かいものの集合体であるために、力を込めすぎると却ってリンパの流れを滞らせてしまうこともあるわけです。他のマッサージだと、あまり効いていなかったりすると、強めにしてもらったりすることもあるかと思いますが、リンパマッサージに関しては、優しく、ソフトタッチで行うのが何よりも最も効果があるので、やりすぎず、力を込めすぎないことは何よりも重要となります。それが最もリンパの流れを促進させるのです。

 

身体に異常がある場合は、しない

 

リンパマッサージは、身体に異常がある場合は、行うべきではありません。心臓疾患や低血圧、腎臓に問題がある場合、生理中、妊娠中、皮膚疾患があるときなどは、リンパマッサージを行うことを避けましょう。これらの状態のときにリンパマッサージを行うと、これらの状態が悪化する場合があるからです。リンパマッサージは、手軽にできるので、ついついやりすぎてしまう傾向がありますが、避けるべき時は避けてリンパマッサージを行うのがよいのです。そうすることで、身体の健康を取り戻し、アンチエイジング、またはリラクゼーションとして効果の高いリンパマッサージを充分に楽しめますので、受けたらダメな時に受けて、せっかくの楽しい時間をボツにしてしまうようなことはやめましょう。

 

始める前は水分補給

 

始める前に水分補給をしておくと、リンパマッサージの効果が上がります。もちろんリンパマッサージを受けることでの必須の条件というわけではありませんが、どうせならせっかく受けるマッサージを効果の高いものへと昇華させたいものです。ですので、リンパマッサージを受ける時には受ける前にコップ一杯でかまわないので、水分補給を行うようにしましょう。