女性にとって悩みの一つは、水着や下着姿で鏡を見たりすると気になるのが、お尻や太ももにできるセルライトでです。そのセルライトとはそもそも何か。そしてセルライトの原因は何か。最後にリンパマッサージでセルライトを除去する際に効果があるのかどうかということを考えていきたいと思います。

セルライトとは何か

お腹、太もも、お尻の付け根などによく見られる肌表面の凹凸をセルライトといいます。オレンジの皮に似ていることもあり、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれています。セルライトは見た目も良くないですから、精神衛生上いいものではありませんが、すぐに表面に出てくるのではなく、2年から3年をかけてじっくりと肌表面に凹凸として現れてきます。したがって、なんかお腹の状態が…と思っているうちに凸凹が現れてきてくるというのが実情だと思います。

セルライトの原因とは

ではどうして、セルライトができてしまうのかというと、大きく分けると6つほどの原因があります。
・むくみや冷えによる血行不良であるということ
むくみや冷えという状態の人は、足や手など末端の血液循環が悪い場合がほとんどです。こういう状態ですと、脂肪燃焼に適正に行われないため、セルライトが発生して、増大する可能性があります。
・運動不足であるということ
運動不足の場合は、血液が体全体に循環しづらくなってしまいます。そのため、むくみや冷えの項でもご説明したように、不純物が身体に滞留してしまい、結果的にセルライトが発生して、増大してしまいます。
・加齢によるホルモンバランスが崩れてしまっているということ
女性ホルモンのリズムが狂うと、ホルモンバランスが崩れてしまい、それが原因でセルライトが発生します。
・寝不足や不規則な生活
寝不足や不規則な生活は知らないうちに身体にストレスを与えてしまっています。その結果自律神経の動きが乱れ、代謝機能が低下してしまい、それが原因でセルライトが発生します。
・喫煙
タバコに含まれるニコチンは血流を悪化させます。血流が悪化しますと、老廃物などを体外に排出しづらくなってしまいますので、その結果セルライトが発生します。
・加齢による老化現象
加齢によって肉体的な代謝機能が低下します。その結果血流が悪くなってしまい、セルライトが発生します。

リンパマッサージのセルライトへの効果について

以上のようにセルライトが発生するのは、何かしらの原因によって血流の働きが悪化するため、本来体外に排出しなければいけない老廃物などが滞留してしまい、セルライトが発生し、そのまま体外に排出しない結果、セルライトが成長してしまっているということがわかりました。では、リンパマッサージをすることでセルライトを体外から駆逐するということは可能なのかどうかということですが、これは可能と言えます。その理由はリンパマッサージはリンパ管をマッサージすることでリンパ液の循環を促進させます。その結果、代謝機能を向上させますので、体内に滞留する不純物を排出します。上記もご説明しましたが、セルライトの発生の原因は色々ありますが、最終的には代謝機能が低下することでセルライトが発生、増大していることになります。リンパマッサージの効用は、リンパ液の循環を良くすることによって体内の代謝機能を向上させることですので、その点からリンパマッサージにセルライトを除去させる効果は理論的にはあると言えます。ただし、ここで注意をしないといけないのは、インターネット上の口コミなどをチェックすると効果があるという人もいますし、ないという人もいるということです。この違いはなにかというと、リンパマッサージを正しくできているかどうかということが大きく影響しています。そのため本格的にセルライトを除去するためには、プロに正しいマッサージしてもらうことが、最大の効果が上がると言われていますので、自分でセルフマッサージで最大の効果があると期待しないほうが良さそうです。