よく雑誌などでリンパドレナージュについての記事を目にすることがとても多いと思います。「リンパ」という言葉がついているということは、リンパマッサージと関係がありそうですが、実際にはどういう違いがあるのでしょうか。

リンパドレナージュとリンパマッサージの違いについて

結論から言いますと、リンパドレナージュとリンパマッサージの違いというよりも、リンパドレナージュはリンパマッサージのテクニックの一つになりますので、リンパマッサージという大きな括りがあって、リンパドレナージュが含まれると解釈してもらえばいいと思います。というのは、リンパマッサージというのは、リンパ管に滞留したリンパの流れをマッサージによってリンパの流れを良くするものですし、リンパドレナージュは、リンパ液の流れを活性化して人の身体にとって不必要な異物や老廃物を集め、排出するマッサージテクニックだからです。

リンパドレナージュとは

そこで、ここではもう少しリンパドレナージュについてもう少し深堀りをしたいと思います。

リンパドレナージュの「ドレナージュ」はフランス語で「排出」を意味し、日本語に訳すと「リンパ排出法」となります。そのため、日本で実際に行われているリンパマッサージの手法とほとんど変わらないことがこれでもわかりますよね。リンパドレナージュは1932年にフランスで生まれ、ヨーロッパやアメリカを中心に発展、病院など医療の現場で実績を重ね、今日においては欧米においてはリンパドレナージュは医療行為として確立されています。

リンパドレナージュの施術方法

では、実際にリンパドレナージュはどのように施術が行われるのかというと、具体的には、手で筋肉を温めながらほぐしていくことで、リンパの流れを阻害する原因を取り除き、体内にある老廃物の排出作用を高める施術が行われます。

リンパ液は、ゆっくりと拍動しているリンパ管によるゆるやかな能動的な流れと、血管の圧力や呼吸運動・筋肉の動きなどによって起こる受動的な流れによって運ばれています。リンパ液の場合、ストレスだけではなく、疲労や寒さなど精神的な原因だけではなく、外部の影響にも大きく影響を受け、その影響によってリンパ液が滞留する大きな原因になります。リンパドレナージュはそのように滞留している状態のリンパを両手の指先を使って圧迫や弛緩を繰り返すことでリンパの滞留を解消して、スムーズに流れるように促進させます。

リンパドレナージュの効果

次にリンパドレナージュにはどのような効果があるのかということをご説明します。リンパドレナージュは今までご案内してきたようにリンパの流れを促進させますので、
・アンチエイジング効果
・疲労回復
・免疫力アップ
・ダイエット効果
などの効果があります。もちろん、リンパドレナージュのやり方や個人差がありますので、すべての人に効果があるということは言えませんが、リンパドレナージュの効果としてはリンパ液が滞留している状態を促進させ、その結果老廃物を体外に排出する効果の副次的なものとして、上記のような効果があります。

リンパドレナージュはどこでできるのか

リンパドレナージュはどこで施術をしてくれるのかということですが、これはリンパドレナージュのサロンは色々なところにありますので、インターネットで検索するとたくさんサロンが表示されます。後は、ご自分で口コミをチェックしたり、友人に相談してみて、自分にピッタリのサロンを見つけてみるようにしましょう。もちろん、予算もあると思いますので、そういうところもチェックポイントです。

後は、予算の問題や時間がないので、なかなかサロンに行けないという人もいるかと思います。そういう場合はリンパドレナージュを自分ですることももちろん出来ます。セルフリンパドレナージュの本も売っていますし、インターネット上にも多くの動画がアップしているので、参考にしてみるようにしてください。